初心者の海外旅行基礎知識

パスポートの保管

パスポートが大切なもので、保管には十分配慮が必要であることは誰もが知っていることでしょう。

 

実際、パスポートがなければ、世界中のどこの国でも出入国が認められません。

 

旅行の際に忘れてしまえば、飛行機に乗ることができないのです。

 

また、海外で紛失してしまったら、もっと大変なことになります。

 

パスポートは海外で自分の身分を証明する唯一の公文書です。

 

空港や港の出入国だけに限らず、提示を求められることが多々あります。

 

例えば、ホテルのチェックインで提示を求められるかもしれません。

 

トラベラーズチェックで買い物をするときに提示を求められる可能性もあります。

 

それに、警察官から職務質問のような形で提示を求められることだってなくはないのです。

 

その際にパスポートが提示できなかったら、場合によってはホテルにチェックインできない、買い物ができない、拘留されてしまうといった事態に陥ってしまいます。

 

ですから、基本的に肌身離さず持ち歩くのが原則で、決して他人に預けるようなことはしないようにしましょう。

 

日本国内と同じような感覚でスーツケースやトランクにパスポートを入れておいたら、誰かが間違えて荷物を持ち去ってしまったり、盗まれたりというようなことも実際に少なくないのです。

 

昔の海外旅行用のパンフレットでは、腹巻の中に入れて持ち歩くとか、袋に入れて首から下げて持ち歩くというような記載もありました。

 

そこまでしなくても構いませんが、決してなくさないような手段で持ち歩くようにしましょう。