初心者の海外旅行基礎知識

言葉が話せない!

海外旅行で一番不安なのが、言葉の壁ではないでしょうか。

 

まだ英語の場合には、片言くらいは出来る人も多いでしょうが、他言語となれば全く分からない人がほとんどですよね。

 

ハワイやグアムのように、日本人観光客が多いような場所では、案外日本語が通用する場所も多くあります。

 

ホテル内では英語でも、観光地の店やタクシードライバーには通じるということも多々あるでしょう。

 

とはいえ、話せないより話せた方がいいに決まっています。

 

やはり、多少なりとも事前に勉強したいものですね。

 

海外旅行でよく使われるような会話集といった本もありますから、それらを教材として勉強するのはもちろん、そのような本を持ち歩きながら旅行する人も多いようです。

 

会話集なら、どんな会話が載っていたかだけでも覚えていれば、すぐにそのページを開いて相手に提示することも可能ですよね。

 

普通に観光するだけなら、あまり会話ができなくても何とかなることも多いです。

 

観光地では言葉の通じない外国人に対する対応に慣れている場所も多いからですね。

 

でも、言葉が話せれば値切れるところを、話せないばかりに定価で購入というのも馬鹿らしいものです。

 

また、なんらかのトラブルに遭った時には、少しでも話せれば、それだけ問題の解決も短時間ですむかもしれません。

 

特に、あまり治安の良くない場所では、必要最低限の言語は分かるようにしておきたいものです。

 

最近では、10ヶ国語以上に対応した電子辞書という便利なものもありますから、会話集と共に一台持っていると便利ですよ。