初心者の海外旅行基礎知識

予防接種を受けた方が良い?

海外旅行に行く際に、行く場所によっては、予防接種が必要な国があります。

 

それらは主に、発展途上国や熱帯の地域が多く、危険な伝染病が多い国々です。

 

主な予防接種の種類は、黄熱病・コレラ・マラリア・狂犬病・日本脳炎・A型肝炎・B型肝炎・破傷風・テング熱などです。

日本は狂犬病が撲滅されていますから知らない人が多いのですが、狂犬病を撲滅できている国は世界中でもごく僅かです。

 

また、狂犬病は、発症してしまったら助ける手段のない病気で、ほぼ100%死んでしまう病気です。

 

日本人でも時々、海外で感染して死亡する人がいます。

 

日本人はこれらの病気を案外軽く考えがちなのですが、本当に真剣に考える必要があります。

 

世界保健機構(WHO)で指定された国への渡航では、当然、予防接種が義務付けられていますが、指定されていない国でも、あまり衛生管理の進んでいない国への旅行の場合には、自分から積極的に予防接種を受けるようにしましょう。

 

ツアーなどに参加する場合には、事前に旅行会社などがアドバイスしてくれたり、相談にのってくれますから、よく確認しておいた方がいいですね。

 

それに、伝染病は現在もどんどん新しいものが発見されたり、ウィルスが変異して、より脅威を持ったりしています。

 

ですから、海外旅行に行く際には、事前に伝染病に関するニュースなどをチェックしてください。

 

最近では、人間に感染する鳥インフルエンザが出た国もあります。

 

今では、インターネットで簡単に調べることができますから、ぜひ確認して準備万端整えるようにしましょう。